第3弾、最終アーティスト発表!

4月となり、新しい生活がはじまる季節です!

そして、ついに、ハレバレパレット2017、第3弾、最終アーティストの発表をいたします!!!

----- アーティスト -----

◎ひのき屋  トラベリング・バンド

1998年、函館で結成。たいこ、ギター、篠笛、鍵盤ハーモニカ、ウッドベースに加え、海外の楽器や手づくりの小物楽器などで、多彩なオリジナル曲でライブを行い、世界各地のフォークダンス曲で舞台演出を行い、みんなの心をわしづかみにしている。

◎the sheep

鷹栖町出身のVocal & Guitar松下元気と、山口県の田舎町で育ったDrums 末光真規が沖縄の大学で出会いバンドを結成。昨年はTSUTAYA O-WESTにてワンマンライブを開催する。鷹栖町の健康体操「あったかす体操」の楽曲製作を担当するなど、挑戦を続けている。

◎嵯峨治彦

馬頭琴・喉歌

モンゴルの弓奏楽器「馬頭琴」と、アジア中央部の一人二重唱「喉歌」(ホーミー等)を駆使し、伝統音楽から異分野とのコラボレーションまで国内外で活動中。

◎田上圭太

北海道上川郡下川町出身。2006年フォークデュオ「笑科書」を結成。オリジナルソングの『Jump』がHBC(北海道放送)カップスキージャンプ競技会の挿入歌となる。現在はソロライブの他『∞up∞』のボーカル・ギターとして道内を中心に活動中。

詳細は、後日ご紹介してゆきます!

チケットの発売日も決定いたしました!

4月18日(火)より、チケットぴあ、他各店舗などで販売が開始されます。

詳しくはチケットページをご覧ください!

出店はまだまだ追加となります。 引き続きの情報も、どうぞお楽しみに!!


最新記事
カテゴリー